法人パソコンでビジネスに差をつけよう

なぜ法人用はサクサク動くかを知る

多くの従業員が働く会社では、それぞれの従業員用にパソコンを用意しています。誰かが使っていたものをあてがうときもあれば、新たに購入するときもあります。サポートの面からメーカーは揃えるケースが多いです。メーカーから直接購入などもできるので、まとめて購入するときもあるようです。メーカーのホームページを見ると、個人向けと法人向けが用意されているときがあります。見た目などはあまり違わないですが、実際法人向けを使うと作業がどんどん行えるようです。なぜ法人用がサクサク動くかですが、無駄なソフトが入っていないからです。個人向けはゲーム等の無駄なソフトが入っています。法人向けはOSしか入っていない状態で納品されるときもあり、無駄がありません。

長く使っても疲れにくい設計

パソコンを使って何をするかですが、個人が自宅で行うとすればネットサーフィンかもしれません。その他動画の視聴などです。たまにキーボードを使うものの、大抵はマウスやタップなどで操作ができます。一方会社などでパソコンを使うときは文字入力が多くなります。文章作成や数字の入力作業が必要になります。キーボードもマウスもディスプレイも使いまくります。実はパソコンには個人向けの他に法人向けがあり、より長く使うときに使いやすい設計になっているものがあります。キーボードなども打ちやすいピッチやタッチ感になっていて、文字をたくさんキー入力しても疲れにくいです。ディスプレイは光沢タイプではなく、映り込みが少なく作業がしやすいです。

© Copyright PC Maintenance.All Rights Reserved.