ビジネスに必要な機能満載!法人パソコン

管理者以外が使えない仕組み

パソコンは、各自がログインをして利用します。パスワードをきちんと管理していれば他人に使われたとしても情報は守れます。しかし、パスワードの管理がきちんとされなかったりするケースが多いです。企業などでは情報流出があると大変な損失になるときもあります。法人向けパソコンの中には、個人向けパソコンにはない機能を搭載しているものがあります。パソコンにはいくつかのポートがあり、USBポートを利用すれば各種周辺機器やデータの出し入れができます。簡単に接続できると、ここから情報が盗まれる可能性があります。それを避けるために、鍵付きのカバーが付いたタイプがあります。管理者が使わないときはカバーをかけ鍵をつけておけば、誰かに情報を盗まれたりがなくなります。

サーバに接続しないと読み取れない仕組み

パソコンを社外に持ち出して作業をする従業員がいます。営業社員などは外出する機会が多く、外で作業をしたりプレゼンなどのためにパソコンを使います。また、自宅で仕事をしたい人がノートパソコンを持ち帰るなどもあるようです。その人が管理していれば問題ありませんが、紛失などをしてパソコンのデータが見られたりすると、機密情報の流出につながります。法人向けパソコンには、情報流出を防ぐための機能を搭載したものがあります。パソコン内のデータを見る時、サーバに接続しないと正確に見られないようにする仕組みです。ログインパスワードを知らない他人がパソコンを起動したとしても、サーバにアクセスできなければパソコン内の情報が見られないので、セキュリティ性能が高まります。

© Copyright PC Maintenance.All Rights Reserved.